shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年02月06日

【公務員/教採/看護医療】新聞を読みましょう!

1月の後半にひいた風邪がいまだに治らないふらふら、東京アカデミー京都校の福田です。

看護師・理学療法士・作業療法士国家試験など本番の近い方、看護・医療系学校など入試がまだ続いている方は、くれぐれもご注意ください。

さて、唐突ですが、皆さんは新聞を読んでいますかexclamation&question

公務員試験教員採用試験では、筆記試験においても、面接・討論・論作文などの人物試験においても、時事関連の問題・質問・テーマが登場します。

看護・医療系学校入試でも、面接で聞かれたり、討論・小論文(作文)のテーマとして課されることがあります。

「時事の対策に何をしたらいいのもうやだ〜(悲しい顔)exclamation&question」と受験生の皆さんから頻繁に質問されますが、まずオススメしたいのが「新聞を読む」ことです。

最近は新聞を購読していない人も増えているようですし、単にニュースを追いかけるなら、TVTVやラジオでも十分です。あるいは、パソコン・携帯電話携帯電話・スマートフォンなどでインターネットのニュースを見ても、OK決定です。

私自身も紙の新聞にプラスして、スマホでデジタル版の新聞も利用している今日この頃です。

でも、TVやネットにはない、新聞ならではの良いところは、1面から順に広げて目を通すことによって、興味のある・なしに関わらず、今、日本や世界で何が起こっているのか、全体を大まかに見られるところなんです。「情報の一覧性」こそが、新聞の利点です。

何も全ての記事を隅から隅まで読め!と言いたいわけではありません。

自分が志望する職業に関連する記事や、たまたま目に留まって関心を持った記事だけでも良いのです。分からない点や掘り下げたい点は、ネットを活用して調べてみましょうサーチ(調べる)

ちなみに、新聞を読むことは、論作文の書くための文章力や現代文の読解力を付けるためにも役立ちます。

京都校では、事務局内に閲覧用の新聞を常備しているほか、1ヵ月分の新聞記事を分野ごとにまとめた『月刊 新聞ダイジェスト』(新聞ダイジェスト社)も資料コーナーにドッサリ置いてあり、受講生の皆さんが活用されています。

「自分が志望する職業に関連する記事」とは、どんな記事のことなのかexclamation&questionまずは、次回〔2月13日(月)の予定〕の私の投稿記事で、公務員試験の時事対策などに関連させて、書いてみたいと思います。

何はともあれ、これまで読んでいなかった方も、今日から少しずつ新聞を読みましょうexclamation×2


posted by 東京アカデミー京都校 at 17:48| 京都校メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。