shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年03月12日

看護医療系学校入試 ブログdeガイダンス〔1〕

昨日、『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』を鑑賞してきたカチンコ、東京アカデミー京都校の福田です。

京都は本日雪でした雪。さむ。。。ふらふら


さて、東京アカデミーでは、「看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、診療放射線技師、鍼灸師、柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、救急救命士、言語聴覚士、視能訓練士など、看護医療系国家資格の国家試験受験資格を取得できる学校」=「看護医療系学校」の入試対策講座を行っています。

看護医療系学校には、大学・短大・専門学校の3種類があり、専門学校も他の系統・分野の専門学校とは異なり、入試が行われます。修業年限は大学が4年、短大・専門学校は原則3年。今回は、大学・短大・専門学校の共通点・相違点、一般入試のレベルについて簡単にお話します。


では、スタートexclamation×2

1)取得できる国家資格は同じ
例えば、大学=看護師1級、短大=看護師2級・・・などという違いはありません。看護師の場合、大学では助産師や保健師の国家試験受験資格も同時に取得できる学校があります。

2)国家試験の合格率に大差なし
看護医療系の国家資格を取得するためには、看護医療系学校卒業時に国家試験を受験して合格しなければなりません(不合格の場合は国家試験浪人)。国家試験の合格率は資格・職種によって異なりますが、大学・短大・専門学校による差は、ほとんどありません。

3)学びも進路も幅の広い大学・短大
大学・短大では、資格に関連する専門基礎科目・専門科目・実習だけでなく、一般教養(外国語・コンピュータ・心理学・哲学・人間関係論など)も幅広く、本格的に学習することができます。総合大学では他の学部・学科の科目を履修できる場合もあります。卒業後の進路・仕事・勤務先も、病院就職のほか、大学院進学、看護・医療・保健・介護関連の民間企業への就職、公務員(地方自治体の職員)、看護医療系学校の教員・研究職など様々です(卒業後すぐではなく、将来展望も含めて)。

4)就職に直結する専門学校
専門学校は実践力を身に付けるための実習時間が多く、「即戦力」の養成には大学・短大以上に力を注いでいます。また、多くは関連病院によって設立された学校です。看護系の場合は、特に附属病院との結び付きが強く、卒業生の多くが就職します。憧れの病院に附属の看護学校があるなら、その学校に入学することが就職の近道です。

5)一般入試のレベル=偏差値について
東京アカデミーの全国公開模擬試験(看護医療系専用の模試では全国最大規模)によるボーダーライン偏差値(合格可能性50%)は、次の通りです。なお、あくまで一般入試の難易度を示すものであって、推薦入試・社会人入試とは関係ありません。また、各学校の教育レベルを評価するものではありませんので、念のため。

位置情報国立大学:65〜72
位置情報公立大学:63〜67
位置情報私立大学:50〜60
位置情報難関専門学校:55〜59
位置情報中堅専門学校:50〜54
位置情報その他:43〜50

偏差値は、受験生全体(母集団)の中での相対的な位置を示します。大まかに言って、母集団の上から2%以上の順位(受験生10,000名なら上位200位以上)に入ると、偏差値70以上となります。同様に、6%=偏差値65、16%=偏差値60、30%=偏差値55、50%=偏差値50、70%=偏差値45です。

ちなみに、看護医療系学校の一般入試は年齢20〜40代の受験生も多く、当社の模試における母集団と高校3年生がほとんどを占める一般的な大学受験模試の母集団とは異なります。とにかく、あまり絶対視しないで(面接や小論文もありますので)、目安にしてくださいね。

それでは、今日はここまで手(パー)。続きは来週・・・かなexclamation&question

もっと早く、詳しく、いろいろ聞きたい方は、お電話にてご予約の上、個別相談をご利用ください。ご予約は、TEL075-252-0762まで、お願いします。

ところで、朝日新聞で読んだのですが、大阪市の淀川キリスト教病院が日本初の「子ども専用ホスピス」を開設するそうです。ご家族がお子さんと一緒に宿泊できたり、院内学級だけでなく、友達と一緒に遊べる「おうち」や外をイメージした空間で過ごせる「おそと」などの共用室もできるそうです。素晴らしい取り組みだと思います。
soon記事を読みたい方はこちらをクリック


posted by 東京アカデミー京都校 at 19:47| 看護学校受験・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。