shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年02月23日

国家公務員(高卒程度)についてご存じですか?

皆さん、こんにちは。東京アカデミーの多田です。
皆さんは、もうご覧になりましたか?
平成30年度国家公務員試験の日程が下記のとおり、発表になりました。

◆◆平成30年度国家公務員試験情報◆◆
国家一般職(高卒) 9月2日(日)
税務職員 9月2日(日)
刑務官 9月16日(日)
皇宮護衛官 9月23日(日)
入国警備官 9月23日(日)
海上保安学校学生(特別) 5月13日(日)
海上保安学校学生 9月23日(日)

例年どおり、9月に集中していますねー 
これから地方自治体も続々と試験概要を公表してきます。
気を引き締めて、今まで以上に対策に取り組みましょう!

さてさて、今回発表になった「国家公務員」と聞いて、みなさんはどんな仕事を思い浮かべますか?

☆国家一般職(高卒程度)
主として各省庁ならびにその出先機関において、事務処理等の定型的な業務に従事します。採用区分は事務・技術・農業・農業土木・林業の5区分に分かれます。また、勤務地域は受験申込時に選択できるので、全国的な転勤は原則ありません。地方に在住しながら「国の予算に関わる仕事」や「全国の土地開発」などに取り組める点が特徴です。また採用先の省庁によって関わるプロジェクトも異なるため、一見「これ、公務員の仕事なの?」と驚くような計画にも参加します。「オリンピックのスポーツ事業」や「救急医療や医薬品・医療機器の研究開発」などに取り組む省庁もありますから、まずはHPなどで職種研究をしてみましょう!

☆専門職(高卒程度)
特定の行政分野に係る専門的な知識を必要とする業務に従事します。試験の種類として、 刑務官、入国警備官、税務職員、海上保安大学校学生などがあります。スペシャリストとして、犯罪者の更生や不法入国者や不法滞在者の調査や摘発、海上での人命救助など、警察官や消防官に近い仕事に取り組む職種もありますから、関心を持つ人も多いのではないでしょうか。

このように、一見なじみのない職種でも調べていくうちに関心を持つ方も多数いらっしゃいます。「知らずに終わるのは惜しい」多種多様な仕事に取り組む国家公務員。この機会にぜひ詳しく調べてみませんか?

人事院の『国家公務員試験採用情報NAVIには、受験情報など掲載されています。一度アクセスしてみてくださいね!

こちら→http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm



posted by 東京アカデミー京都校 at 14:55| 公務員受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。