shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年02月27日

新教養試験について

みなさん、こんにちは
公務員試験を受験される方へお知らせです
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、来年度より、統一試験日(2018年7月22日、9月16日、10月14日)の新教養試験(ラインナップ)が変わります

1.〈標準タイプ〉Standard-T・U
   40題/120分(五肢択一式)
2.〈知能重視タイプ〉Logical-T・U
   40題/120分(五肢択一式)
3.〈基礎力タイプ〉Light
   60題/75分(四肢択一式)

統一試験は、公益財団法人 日本人事試験研究センターが提供する全国の市役所・消防・技術・資格職等の試験で実施されることが予想されます
2017年度京都校エリアでは、
・7月B日程:京田辺市、舞鶴市、草津市、彦根市
・9月C日程:八幡市、南丹市、京丹後市
等の試験で採用された試験になります

現時点では、各自治体がどのタイプの試験を採用するかは決定していませんが、主な留意点として、1・2のタイプは、
@「古文」、「哲学・文学・芸術等」、「国語(漢字の読み、ことわざ等)」の出題がありません。
Aこれまでと比べて時事を重視し、社会的に幅広い分野の題材(環境問題、社会保障など)が出題されます。

3のタイプは、詳細は11月公表予定で、基礎的な能力を検証するとのことですが、短い時間で速く正確に解答する力が求められるでしょう。
 
詳しくは日本人事研究センターホームページよりご確認ください。

【2018年受験4月生受け付け中】

京都校では、まだ公務員試験対策を始められていない方でも、上記の新教養試験に対応できる講座(4月生)をご用意しています!
7月の試験までに基礎の内容をすべて終え、9月の試験に向けて演習を繰り返す講座内容になっており、また、筆記試験のみでなく、面接試験のフォローもしっかりと行っています!
詳しくは、市役所・消防官コースと、警察官コースをご確認ください。

個別相談も実施していますのでお気軽に京都校までご連絡ください
TEL:075-252-0762



ラベル:新教養対策
posted by 東京アカデミー京都校 at 17:24| 公務員受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。