shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年03月12日

公務員試験対策「おさらいゼミ」開講!!

<皆さん、こんにちは。
東京アカデミーの多田です。

早速ですが、公務員試験の筆記試験の合格ラインをご存知ですか?一般的には6〜7割だと言われています。

では、次に公務員試験で出題数の多い科目はどの科目か確認してみましょう。

試験内訳.JPG


国家一般職や地方公務員、採用先によって出題数は若干異なるものの、頻出科目は、一般知識分野では、「政治・経済・社会」一般知能分野は全科目です。上記表の赤枠の科目の合計数と全体の出題数を比べてみてください。

国家一般職は40問中25題、地方公務員(9/18)は40問中26題、地方公務員(9/25)は、50問中32題です。つまり、赤枠の科目をしっかりマスターすることで、合格ラインの6割に到達します。

しかし、高校時代に「政治・経済・社会」に取り組まれた方は少なく、また一般知能分野でも、特に「数的推理」「判断推理」はなじみのない方が大半のため、苦手とする方も多いのが現状です。

そこで、東京アカデミーでは、苦手科目をしっかりと補えるように、「おさらいゼミ」を開講します。この講座では、「政治」「経済」と一般知能分野の「数的推理」「判断推理」の4科目について問題集を通して、繰り返し学習することで、授業の復習及び実践力を養っていきます。

通常の通学講座と併せて受講いただくのがベストですが、この講座のみの受講も可能です。

京都校では3月24日より開講いたします。ご検討中の方は、お急ぎください。

また、詳しいご説明やご相談をご希望の方は京都校075-252-0762までお問い合わせください。


posted by 東京アカデミー京都校 at 13:50| 公務員受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。