shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年03月18日

「地方公務員セミナーGW編」のご案内

皆さんこんにちは。
東京アカデミー京都校の多田です。

早いもので、3月半ばとなりました。今年の市役所試験の日程は、
・A日程市役所 6月24日(日)
・B日程市役所 7月22日(日)
・C日程市役所 9月16日(日)
・D日程市役所 10月14日(日)

と公表されています。

特に今年は、統一試験日(B・C・D日程市役所)の教養試験(ラインナップ)が下記のとおり変わりますので、いち早い情報収集と適切な対策を取ることが重要となります。
〈標準タイプ〉Standard-T・U
   40題/120分(五肢択一式)
〈知能重視タイプ〉Logical-T・U
40題/120分(五肢択一式)
〈基礎力タイプ〉Light
   60題/75分(四肢択一式)

詳しくは、下記日本人事研究センターのホームページよりご確認ください。http://www.njskc.or.jp/

さて、東京アカデミーでは、地方公務員志望者のためのイベント『地方公務員受験セミナー(旧称:Uターン受験セミナー)』の募集を開始しました!

今回は、年末年始に続く第2弾(ゴールデンウィーク編)として、地元の公務員志望者やUターン・Iターン志望者必見のイベントとして、全国の25校の東京アカデミーで、開催いたします。

地方公務員セミナー@.jpg

第2弾ゴールデンウィーク編『地方公務員受験セミナー』は、各校担当エリアの教務スタッフが内容を厳選!県職員・警察官、自治体職員等対策として「筆記試験」「人物試験」「採用試験全般」等、コース毎にビジョンを明確化し、より実践的なセミナーとなります。

公務員試験は、全国画一の試験であると思われがちですが、地方公務員の試験においては、近年独自色を強めている自治体が増えています。

例えば、京都校エリアの京都市は、一次試験で昨年約660人が受験していますが、次の口述試験には457人の方が口述試験に進んでいます。その後、2回の面接を経て、最終合格者が決定するわけですが、京都市はリセット方式をとりいれているため、筆記試験の成績はその後の試験結果には影響されません。筆記試験である程度の学力を示した後は、まさに人物勝負となっていきます。学力だけで合否を決めるのではなく、多くの受験生の可能性をしっかりみて、採用を決めているともいえます。そこで京都校では各段階の面接において、どのような志望理由やアピールを行っていくべきなのかをお伝えしています。

このように、東京アカデミーは、全国主要都市に拠点を有し、その地域にしか知りえないきめ細い情報・合格ノウハウが沢山あります

この『地方公務員受験セミナーは、東京アカデミーの公務員講座受講生さん(全国の東京アカデミーの通学または通信講座在籍中の方、大学や短大などで東京アカデミーの公務員講座を受講中の方)は、下記の申込で無料受講ができます。

通学講座生・通信講座生の方は→WEB申込
大学内講座受講の方は→案内時の手順に従って申込みしてください。
 
一般の方は、有料となりますが、まずは、WEB予約
の上、お申し込みください。

また、『地方公務員受験セミナー』以外にも、東京アカデミーでは各校独自に『地元で公務員』をバックアップするための短期講習を多数開催します(別途申込が必要、有料)。

皆さんの参加をお待ちしております。


posted by 東京アカデミー京都校 at 22:32| 公務員受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。