shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年04月23日

高卒/短大卒程度 第1回模試実施しました!

皆さん、こんにちは。

GWが近づいてまいりました!ウキウキしている方も多い頃でしょうか


そんな中、東京アカデミーでは4月22日に「第1回教養50問型模試」を実施いたしました!

通学講座受講生はもちろん、一般の模試受験者や学校団体受験者も多くご参加いただき、本番さながらの雰囲気緊張感をもって、受験に挑んでいただきました。普段、自宅学習が中心となっている独学の方には、よい刺激となったのではないでしょうか。

_storage_emulated_0_SilentCameraSoft_1524370159710.jpg

4月から通学講座を受講している学生さんにとっては、初めての模試となりました。学習をスタートして間もない学生さんからは「今、模試を受験しても意味がないのでは・・」とのお声もいただきました。解けない問題が多く点数が低いことが予想できる場合、模試受験に対して尻込みされるお気持ちはよくわかります。


しかし、東京アカデミーが考える模試の役割とは、志望先の合否判定のみではありませんまずは受験会場に慣れていただくこと、また時間配分を体験できることに意味があります。

たくさん練習を積めば、本番でも落ち着いて試験に挑めます。また、わからない問題であっても、まずは自ら考え挑戦することで、どこがわからないのかを明確にできます。そして、成績表には、問題ごとに正答率が掲載されます。ご自身が解けなかった問題が正答率の高い問題なのか、あるいは低い問題なのかを知ることは重要です。他のライバルが解ける問題を間違えているのであれば、まずはその問題の攻略から始めねばなりません。

このように模試には多くの役割があります。これらをもとに今後の学習計画を調整していくことで合格へと近づくことになります。受験後の見直しを行い、次回の模試での目標を定めること、このことも学力アップに効果的です。

次回の「第2回教養40問型模試」は5月13日(日)です。GWが終わったら、すぐです。

多くの受験生のご参加をお待ちしております。





posted by 東京アカデミー京都校 at 22:25| 公務員受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。